久々の路上






雨が降ったりやんだり、


雨上がりの路上ライブが好きです




今日は久々に路上ライブしました




今日の私は


また 成長してるのを 自分に感じました 。




一人ぼっちでも


音楽を楽しむのです。




一人じゃないのです。


アコーディオンが 相棒です。







ベースの音をよく聞いて


鍵盤の声をよく聞いて みれば



そしたら


一人でも 楽しい









楽しむのです。






一人で微笑みうかべるのです。







今日は 音楽 友達と楽しくはなし 練習をし 路上ライブ。


昨日は昼は姉と行動し、母親に会い、
夜は 音楽仲間との練習を楽しみました。





楽しく練習するのがいいと

最近 わかりはじめました。




そして


演奏頼む方の気持ちも

頼まれる方の気持ちも


わかりはじめました。



どんな 心持ちがいいか


わかりはじめました。








昨日は カウンセラーの方に 教わりました、



怒りながら、
やきもきしながら 生きる人の 50歳で亡くなる確率の高さが20%で そうでない人は4% らしいです。






人は 気分屋です。


だからこそ


気分を良くすることが 大事です。



気分がいい 部屋と

気分がいいこと


いっぱいあります。






ようやく わかりはじめました。





そして


生きたいように 生きたいと 思いました。




なりたい人に なりたいと 思いました。





自分を 自分で 決めつけるのは 良くないと思いました。



自分の範囲 レベル 身分 など

決めつける枠は もう 外しましょう





どんな枠が あったかな。



可愛い人には なれないだろうとか

プロのプロは 別世界だから とか


あの人達は金持ちだとか


自分はややこしい人間だからとか


そんな 決めつけ枠が いっぱいある。





なりたい人に なりたい。




なれるに決まってるさ。





すごい人も プロも みんな 同じ 人間とゆう 生き物なんだから。






身に付いた 思い込み

惑わしてくる 雑念を 取っ払ったら


本来の 自分らしさが出てくるはず



自分のかっこいいとこは 自分では見えない


人のかっこいいとこは 目で見えるけど。




かっこよく唄おうとすると

かっこわるくなる




かっこよく歌わないほうが


かっこいいに 近づける





気取らず 生きよう


気取らず唄おう 。



あるがままを 育てて


あるがままの声を 育てて



人の顔と同じように
唯一無二の 生き方
歌声




DIYするのです。




そうするのがいいと、


思うのです。




悔いのない人生を

生きたいのです。










そして 今 閃きました。



私は いつか お父さんを 産むでしょう。





でも 私が もう お父さん でもある 。




分身は


かたきをとれる。


分身になら


かたきをとることができる。





私は 父の かたきを うちたい



辛そうな人生を 生きた人の


かたきをうちたい。





ありがたく、 ありがたく、


かたきをうちたい。








それから 私のこれまでの わるすぎる行いを 償いたい。


何もかも 浄化させたい。









なりたい人になりながら



かたきをうつのです。






好きだったけど

きらいだった人と、


その子供のために。









それが のびのびと 生きることです。

愛を持ちながら 嬉しそうに
生きることです。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。