FC2ブログ

藤城清治世界展


12月6日に、
藤城清治世界展 に行ってきました。


去年も行きましたが、
また今年も行きました。

前回は、生まれて初めて、絵をみて涙がでました。

キラキラに、メルヘンな世界に。

自分が考えたこともないくらいの確度からの世界は可愛らしくいメルヘンに風や妖精や植物や音楽がキラキラとちりばめられていたのです。


若者らしく暗い絵の中でくらしてる自分には、まぶしくて、メルヘンすぎるのですが、
それが突き刺さりました。




私が 藤城清治さんの絵をみたいと思うのは、
自分なかの幼少の心を触発されるからです。

幼少期にみた絵本で見覚えがあるものがあり、
子供の頃の心の引き出しをすこし開けるような気持ちになるのです。




キレイすぎて、かわいすぎて、
メルヘンすぎてうわ~っ!てなる、素敵な絵がいっぱいあるのです


ゲイbarに飾ってあったとゆう絵

吊り橋の絵

ガラスの馬車の絵

原爆ドームの絵

どれも素敵やった



藤城清治さん
メルヘンにときめく絵をありがとうございます


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。