ももえ 京都にいく 2

きんせ旅館に はいると珈琲のいいかおりがしましたが、
カフェは3時からですと言われ一度 出直しました。

しかたなく街をブラブラして3時にもどりました。

美味しいパウンドケーキと、珈琲を頂きました。

ブラックでも飲みやすい美味しい珈琲でした。

お茶をしながら、 相方とタタタ姉さんと話しました。


少しは意図的に会わせた二人でしたが、私の相方とタタタ姉さんとの三者面談は楽しい談義になりました。

中庭からは 外の天気の良さがわかるくらいの春らしい 光が 薄暗いお店に優しく差し込んでいました。

ヨーロッパ調のカップとソーサーがたてるカチカチとゆう音も含め私達は楽しんでいました。

大正時代の作家さんが座っていそうな素敵な席もありました。

鳳凰みたいな鳥のステンドグラスや薔薇のステンドグラスがありました。

カウンターの土台は紺色のタイル張りでした。

御手洗いはとても素敵でした。
玄関は旅館らしい大きな玄関でした。

とても、充つなひとときでした。


すっかり長居してしまいました。


素敵なお店ですのでまたいきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。